2009年06月29日

攻殻機動隊の魅力

本日は攻殻機動隊の魅力について語ろう!

荒巻課長を始め、草薙少佐、バトー、トグサ、イシカワ、サイトー、パズ、ボーマの公安9課の面々それぞれに特異の個性があり、物語を締めている。
草薙少佐、バトーの荒っぽい攻撃的な行動
トグサの人間臭いところ
イシカワ、ボーマの電脳戦の凄さ
サイトー、パズの冷徹なスナイパー
彼らをまとめる荒巻課長の考えつくした作戦と指示
このメンバーが居てこその物語の流れがあると言えるだろう

士郎正宗さんの凄いところは、これらのメンバーの個性を
決めて、パズルの如く組み合わせるところかもしれない

次からは、1st〜3rdへ物語を語って行きたい
タチコマも落とせないね

では
posted by 草薙少佐 at 22:47| Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

士郎正宗さん

motoko_image.jpg
さて、久々に攻殻機動隊関連に話しに戻って、原作は言うまでもなく、士郎正宗さんです。最近はCGを使ったアニメに注力されており、雑誌掲載は少なくなってきていますね。でも、イラストでは相当活躍されてます。日本よりアメリカのファンの方が多いと思います。アニメでは倫理規定がありますので、相当抑えた表現で書いておられますが、実際はかなり際どい描写などあり、18禁かということも…
なぜ、草薙素子さんを出したかと言うとアニメより原作の方が数段色っぽい感じがするからです。
士郎正宗さんなくして、攻殻機動隊は存在しえないことは確かです。でも、1点注文があります。コマ外に説明が多く、漫画を読むと言うより、本を読む位の気持ちになるページが多いことですね。
1冊読むのに相当の体力を必要とします。
これは、原作本を読まれた方の共通の思いでは無いでしょうか?
それではまた、書いてゆきます。
たぶん、同い年なんだな!あのバイタリティには敬服してます。
ほいじゃー
posted by 草薙少佐 at 22:43| Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

攻殻機動隊との接点

そもそもの話しは、自分が士郎正宗さんの大ファンで

アップルシードを読みだして、どんどん単行本を集めの

特捜戦車隊ドミニオンのLD(レーザーディスク)を

購入するに至り…第一次ピークを迎え、仕事の忙しさから

少し遠ざかっていた頃に攻殻機動隊に遭遇し、それから

猛烈に引き込まれてゆきました。

今はBD(ブルーレイディスク)で、攻殻機動隊を鑑賞

しております。(そのために買ったと言う噂もある)

特にと草薙素子少佐の大ファンです。(タチコマも大好きです。)

もう、50歳に手が届こうとするおじさんですが、アニメには

熱い思いがあります。今日はここまで
posted by 草薙少佐 at 14:01| Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。