2013年08月17日

国際感覚の無さ

国際感覚があまり無い国民となるか?
先回も書いたようにどうも我が国の人たちは国際感覚を失いつつあるのでは
無いかと思ってしまう。
靖国参拝に対して、何故行かないのかと発言された方や靖国参拝国会議員団の方々等
いまさら、近隣諸国と揉めるようなことをするのだろうか?
日本は軍隊を持たないことで、現在の国際的プレゼンスを獲得している。
米国に言われなくても近隣諸国と平等かつ仲良くお付き合いすることは、大切なことである。
安倍総理の国粋主義的な国家観は、当然許されざる過去の問題を引き出すことになり、日本の
国際的なプレゼンスを大きく落とすことになる。自国に誇り、および愛国心と言うのであれば
軍隊を持つことより、戦争を永久に放棄することが、自国のプレゼンスを高められると思う。

憲法第9条は、これまでにない重要な事柄を記述していると考える必要がある。
他国より、侵略されないのは、米軍がいるからでも自衛隊があるからでもなく、憲法第9条を
順守している国家に戦争を挑むことは国際的に認められないことであるから、日本を侵略する国が
あると言うこと自体、国民を欺く、安倍政権の危うさである。

おじいさん(岸元総理)の思うことを実現したいのであれば、尖閣諸島に安倍国家を設立して
一人で中国と戦って、死んでもらいたい。
現在の日本に不要なのは、安倍政権とそれを支持した方達である。そんなに戦争したいのであれば、
それくらいのことを考えて、投票行動をすべきであり、それすらも考えず、安倍政権にGOを
掛けた人たちは、その行動に対して、よく考えるべきと思う。
アベノミクスは予定通り、もうすぐ手詰まりとなり、お終いとなる。
何も考えず、何も見ないで、投票した人々は、その結果を受け止めるしかない。
posted by 草薙少佐 at 18:08| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

最近、思うこと

最近、思うこと。

68回目の終戦記念日が昨日だった。
安倍総理の靖国神社参拝について、報道ステーションで街頭インタビューが
あった。
50代の人は、中国や韓国に配慮したと言う点を述べていたが、30代の人が
「何故、靖国に行かないのか!」と苦言を述べていた。
何時から、我が国は軍事国家になったのだろうかと思った。
どうも過去の歴史を正しく学んでいない世代が増えた感じがする。

アジアの国々への軍事侵攻は、現地の人から見れば、明らかに侵略である。
これは動かない事実であり、近代史においてどの国の教科書でも侵略として
教えられている。
その当たり前が、10代、20代、30代、40代を通して理解されていない。
政府が解釈を変更しようとしてもそれは変えられない事実であり、東南アジアを
植民地化しようとした。事実を歪曲できるわけではない。

領土問題にても然り、歴史上とは言っても近代史にて、領土問題は出てくる訳で、
過去においては、どちらの領土と言う概念は無く、共に利用していたという事実のみ
存在し、線引きの概念は現代の経済的な理由によるものが、ほとんどである。
この事実のために各国間にて紛争が起こることは、甚だ残念である。
目先の利益のために長期的な利益を考えていない。
非常に短絡的な思考としか、思えない。
何時から、このような短絡的思考な民族と化したのか!

東日本大震災において、アジア各国は最大限の協力を申し入れ、実施したことを
もう忘れたのであろうか???

あの30代の男性の方の発言は、自己中心的な近視眼的発言そのもの(自己の不満のはけ口として
アジア各国への侮蔑を感じる。)
この国の将来が心配である。我が国は、戦争を放棄することで、経済的な繁栄を遂げた。
それを高々20年のデフレ経済で、方向転換してしまうとは、一言いかがなものか?

大学を卒業したから、安定した職業に就けると思っているのだろうか?
それは何も考えていないバカの思考である。
各先進国を見れば、答えは自ずから、導き出せるはずである。
一言「気づき」が足りないと思う。もう少し、考える必要があると思う。
タグ:2013年 最近
posted by 草薙少佐 at 13:53| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

いやぁ 緊急地震速報に驚き!!

いやぁ〜2年ぶりです。
完全に死んでいました。
久しくアクセスできませんでした。
これから、少し復活したいと思います。

それではまた
posted by 草薙少佐 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。