2011年08月01日

久しぶりに草薙少佐のフィギュアを入手

近々写真を掲載します。

草薙少佐のフィギュアを久しぶりに購入しました。

最近は一騎当千にハマっていたのですが、

少し飽きてきて、処分大会を某サイトで実施中

興味のある方は寄ってくださいね

お安くします。

ほいじゃ
posted by 草薙少佐 at 20:16| Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

攻殻機動隊データライブラリー

●『笑い男事件』とは…?
 本作『攻殻機動隊 A STAND ALONE COMPLEX』は、シリーズを通して語られた場合『攻殻機動隊 笑い男編』とでも呼ぶべき構成となっている。
 だが、シリーズ構成中、笑い男話はシリーズの合間を縫って少しずつ断片的に語られていくため、スタッフには笑い男編自体を把握しておいてもらうために、攻殻機動隊設立以前〈公安9課は2029年4月10日に設立〉に発生したとされる『笑い男事件』について、その全容を記しておく。
●『笑い男事件』の全体像
『警視庁指定広域重要081号MM(マイクロマシン)製造メーカー脅迫事件』通称『笑い男事件』とは、2024年3月19日後発のEU系MM製造メーカー“セラノ・ゲノミック社”の社長アーネスト・瀬良野氏が、自宅にいたところを電脳をハックされ誘拐。その後現金10億円と金塊100キロを要求する脅迫状が送り付けられたところから始まる。
 犯人は“笑い男”と言うハンドルネームを使い、脅迫は必ず社員や社長の家族の電脳をハックしてその人物の口を使って口頭で語るという手法で行われた。
 誘拐事件発生から7日後、身代金受け渡し場所に社長を連れて現れた笑い男は、TVカメラが数十台が取り囲む衆人環視の下、自らの顔にモザイクならぬ笑い男マークを掛け、セラノ・ゲノミック社の社長に声明文を読ませようとする。
 しかし、張り込み中の刑事の暴走により身代金受け渡しは中断。社長は危機一髪、犯人の下から逃れ保護される。逃走した笑い男は、自らの顔に笑い男マークを写し出したまま逃走、途中捜査員ともみ合いとなるも、捜査員の電脳をハックし捜査員の目にも笑い男マークを写し出し。辛くも逃走する。その模様は途中までTV中継される。
to be contined9209.jpg
posted by 草薙少佐 at 18:55| Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

攻殻機動隊への思い

攻殻機動隊との出会いは、一冊の漫画本から

ここまで引き込まれるとはつゆ知らず…

最初はアップルシードから士郎正宗氏の著作本を

次から次へと読みふける。

そして、攻殻機動隊との遭遇その電脳世界という考え方、

ネットにつながる世界など凄く新鮮で驚くべき世界観が

広がっていた。

そして、映画となり益々のめり込むようになる。

まあ、現世界と近未来と言う構図の中で、士郎正宗氏の

考え方に共感し、また、攻殻機動隊という世界と草薙素子少佐

と言う義体を持つキャラクターにさらに引き込まれる。

そして、神山監督によるA STANDALONE COMPLEXへと続き

現在に至っている。士郎正宗氏と押井監督、神山監督に

より、よりいっそう深みにはまる状況である。

攻殻機動隊の続編を期待したい。
posted by 草薙少佐 at 10:24| Comment(0) | 攻殻機動隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。